<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サンキチ(焼肉)

d0062500_2254621.jpg

久しぶりに四条河原町のOPA裏にあるサンキチへ行った。
私はここの焼肉が大好きで、最後の晩餐はここの焼肉を食べたいと思っている。
ここのつけダレはトローンとしてて、お肉にまったりと絡み合ってゴハンがススム君(ふるっ)だ。
このタレだけでゴハン食べれる。ゴマの風味が絶妙なきゅうりの漬物もおすすめ。
あと、生レバね。私も昔は食べられなかったけど、今じゃ絶対にハズせない。
新鮮なものはほんのり甘くてちっとも生臭くない。
このおいしさを知らなかったなんて、人生損するところだったわ。

お店はお世辞にもキレイではない。メニューの上の招き猫は煙で真っ黒けだし、狭い店内に煙が充満してるから服についた焼肉臭が2、3日は取れないのは覚悟の上。客層もオヤジ率高し。でも最近は若い人も増えてるから大丈夫。
表の看板も何とも言えず味がある。どちらかと言うとヘタくそな部類に入る牛の絵(オーバーオールのポケットの三吉の文字がニクイぜ)に店主のオッチャンが考えたのか「美容と健康にグ!!」のキャッチフレーズ。食べ過ぎた帰り道、この看板をみると「だよね」と思わず納得してしまう。おっちゃんの優しい気遣いなのだ。

私の小さな夢は、一人でフラっとのれんをくぐり、一人焼肉して帰る、それも颯爽とカッコ良く。
「一人で焼肉、なかなかヤルじゃん」って思われるくらいに。
待ってろ、サンキチ。いつか叶えてみせるからな。

今日もたらふく食べて、あぁーシアワセ。。。
ただ、BSEの影響で牛タンがメニューから消えていて食べられなかったのが残念だったなぁ。次は復活してるといいなぁ。
[PR]
by chebuko | 2005-06-30 22:05 | +その他+

チョコレートフォンデュ・タワー

d0062500_13462511.jpg

テニスのお友達、K子ちゃんとHぴーとチェブの3人で毎月一回、うまうま会というお食事会を開いている。
‘おいしいものを食べに行こうぜ!!’を合言葉に、月代わりに当番を決めてそれぞれがお店をチョイスしている。かれこれ、もう一年半になるかな。
今月の当番はK子ちゃん。ホテルグランヴィア15Fにある「グレイスガーデン」というお店で洋食のビュッフェ、そう食べ放題。ピザ、パスタ、ローストチキンにローストビーフ、エビやホタテのシーフードに生ハムやチーズ類、カレーもあったなぁ。20種類以上はあったかな。きゃっほー、テンション上がるわーってか、すでにMAX!!どれもおいしそう。でも、ハリキリすぎて飛ばしてはいけない。なんてったってデザートが私達を待っているのだ。
今回このお店を選んだ最大の理由が、写真のチョコレートフォンデュ・タワーがあるから。
以前、TVでこのチョコフォンデュ・タワーがある大阪のホテルのことをやっていて、それから一度行ってみたいなぁって思っていた。串に刺したマシュマロやフルーツなんかを涌き出るチョコの泉に突き刺して、チョコまみれにする。「やってみたーい」「おいしそー」「不思議や、なんで固まらへんのやろーか」いろんな思いが駆け巡った。
で、たまたま雑誌で京都にもこのフォンデュ・タワーがあるのを見つけた。そのことをK子ちゃんに言ったら、K子ちゃんもリビングか何かでこのタワーの存在を知り、行ってみたかったらしい。さすが、通じ合っているねぇ。なので即決。
実物を見て、TVでやってたのとはかなり大きさが違ったものの、おぉ、循環してるねぇ、チョコが。チョコ温泉みたい。マシュマロをチョコの泉に刺す瞬間はなんとも楽しい。思わず顔がゆるんでしまう。あまりにもにやけていたのか、横で順番を待っていたカップルの男性に「そんなににやけて」と笑われてしまった。
Hぴーが「なぁなぁ、指入れてみたいって思わへん?」と聞いてきた。あたしの答えはもちろん「イエス」。でも、そんなことする根性は持ち合わせていないので大人しくテーブルでチョコまみれになったマシュマロをほおばりました。シフォンケーキ、プリンにシュークリーム、フルーツも充実。アイスなんて10種類もあってどれにするか迷ってしまうじゃん。全部と言いたいところだけど、さすがにあたしのおなかも限界が・・・。久しぶりにおなか全体がプックリ、キューピーちゃんのように出てしまった。これは帰ったらいつものストレッチに加えて腹筋までしなくちゃ、はんぱねえヤバイぜ。しかし、どれもすごくおいしくて大満足でした。
ただ、せっかくの15階からの夜景もそっちのけ。色気より食い気に走るのがアタシ達らしくて、いいなぁ。

ちなみに来月の当番はわたくし、チェブ子です。
一応床に行こうと思ってます。
去年行けなかったから、今年こそ行きたいなぁ。
楽しみナリ。
[PR]
by chebuko | 2005-06-30 13:46 | +その他+

「ライフ・アクアティック」

d0062500_10171394.jpg

オスカー俳優ビル・マーレイ扮する世界的に有名な海洋探検家にして海洋ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズィスーが、幻のサメに殺された仲間の仇を討つために、映画製作集団「チーム・ズィスー」の仲間と最後の航海へ乗り出す。。。というのがあらすじ。なんか話だけ聞いてるとすごくカタイかんじだけど、全然コメディです。だって、監督がウェス・アンダーソンですから。
「ザ・ロイヤルテネンバウムズ」でこのウェス監督をすっかり気に入ってしまった。細かい所まで凝っていて、すごくいい。私のツボに上手いことはまる。
前作の「ザ・ロイヤル・・・」だと、主要登場人物3人の衣装、それぞれアディダスのジャージ、ラコステのワンピース、フィラのウエアを着ている。
今回も「チーム・ズィスー」のメンバーはおそろいの水色のウェアに赤いニット帽、ズィスーのロゴ入りのアディダスの靴をはいている。これがめっちゃイカしてる。アタシも着たい。
キャストも豪華でビル・マーレーとともにウェス作品には常連となったアンジェリカ・ヒューストン、それに大好きなオーウエン・ウィルソンも。あと、ケイト・ブランシェットやウイレム・デフォーも出てます。
あと、音楽もいい。映画における音楽ってすごく重要。
とにかく、この映画のすべてが私のツボにはまってくるのだ。またお気に入りの映画が増えてしまったよ。
平日の午前っていうのもあったけど、観客は15人くらいだったかな。
万人受けする大作じゃないし、わからない人には、「はっ、なんじゃこりゃ??」ってカンジの映画だと思われる。おそらく監督も大作になることを望んでないだろうし、「わかる人は楽しんでね」くらいの力の入り具合だと思う。だから私も人にススメない。でも、この映画を「なんか楽しいから好き」という人とは、すごく仲良くなれそうな気がする。一緒に赤いニット帽かぶりたくなっちゃうなぁ。

評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8点(10点中)
[PR]
by chebuko | 2005-06-29 10:17 | 映画・ステージ

「時には父のない子のように」

d0062500_9562524.jpg

佐々木蔵之介と佐藤隆太の二人芝居を見てきた。
二人とも好きな役者さんで、特に蔵之介さんは京都出身(しかも同じ区)とあって贔屓目に応援している。それに、なんといってもお芝居上手だしね。
チケットが取れなくてあきらめていたけど、当日券(しかも7列目)を買うことができて念願の鑑賞となった。
泣いたり笑ったり怒ったり、役になりきっている二人のパワーが伝わってくる。
なりきるというよりも、本当に実在する人。そんな感じがした。

二人のパワーをもらって元気になった。だから舞台はやめられない。
[PR]
by chebuko | 2005-06-18 09:56 | 映画・ステージ

Wonder Cafe

d0062500_1372085.jpgあんまり人に教えたくない、秘密にしておきたいようなお店です。
でも、いいカンジのお店なので紹介します。

店内はたくさんのブリキのおもちゃや雑誌、マンガ本であふれています。
他にも銭湯で見かける古ーい電気マッサージイスがあったり、小学校で使っていた机とイスがあったり、ぺスパや古い電話やカメラなどのアンティークがあったり、まさにお店の名前と同じでWonderな世界が広がっています。
テーブルもイスもそれぞれで、自分の好きな席に着き、思い思いの時間を楽しみます。
もちろん、コーヒーやケーキ、カレーやパスタなどのフード類もすごくおいしい。
ちなみに私のおすすめは、シュークリームセット。大きくておなかいっぱい、大満足。
居心地がいいので、気が付くとついつい長居しちゃってます。
何故かここでは時間がゆーっくり流れているような気がするなぁ。

特筆すべきはトイレ。
ドアを開けるとセンサーで電気がつき、パッと明るくなると同時にここにもWonderな世界が広がります。オーナーさんの趣味の昔の映画のポスターやお菓子のオマケ、レコードジャケットなどが、整然と並べてあったり、小さなテレビがあったり(なんとこれがドアを開けると同時にスイッチオンになるのです)で用を足している間もタイクツしません。っていうか、用を足し終わってもつい長居してします空間です。

以前は北野白梅町のマンションの1階にありました。
大好きなお店でよく通っていたのですが、突然(?!)閉店してしまい残念に思っていました。
でもでも、ちゃんと場所を移して営業されていたのですね。よかった(^v^)

こちらに越されてから、お店も広くなったし、かわいい看板犬のチョコちゃんも加わりました。
場所的にはちょっと行きにくいかもしれませんが、お散歩がてらブラブラと行ってみて下さい。
行く価値アリですよ。


Wonder Cafe
京都市右京区龍安寺西ノ川町3-31
075-465-2468
11:30AMから11:00PM
火曜日がお休み
駐車場:お店の斜め前に1台だけアリ。早いもの勝ちです。
[PR]
by chebuko | 2005-06-04 14:32 | Cafe

「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」

d0062500_23263556.jpg
突然の火事で両親を失った3姉弟妹が、彼らの相続した遺産にしか興味のない遠い親戚にあたるオラフ伯爵や、次々とおこる不幸な出来事に知恵と勇気で立ち向かうという話。
原作は「ハリーポッター」に並ぶ人気のファンタジーらしい。
かわいそうな話というより、オラフ伯爵のバレバレ手口に思わず笑っちゃいます。

キーパーソン、オラフ伯爵を演じているのが、ジム・キャリーなのですが、彼の本領発揮!って作品でした。「マスク」を彷彿とさせるオーバーアクションにハゲヅラ、つけっ鼻で見事にイヤーな悪役を演じてます。
前回の「エターナルサンシャイン」が笑いなしの落ち着いた演技だったので、やっぱり彼はお笑い系のほうがいいなぁと思いました。

他にもメリル・ストリープ、ジュード・ロウ(ストーリーテラーなので影しか出てなかった)、ダスティ・ホフマン(クレジットがなかったけど)が出てます。

あっ、忘れてた。3姉弟妹もなかなかよかったです。長女のヴァイオレットはぽってり唇が印象的、長男のクラウスは「ロード・トゥ・パーディション」でトム・ハンクスの息子役というキャリアの持ち主。そしてなんといっても末っ子のサニーがめっちゃかわいい!ちなみに演じているのはカラ&シェルビー・ホフマンという双子ちゃんなのだ。
ホフマンってことはダスティ・ホフマンの親戚?まさかね・・・。彼らの今後の活躍に注目です。

それと、エンドロールに流れる切り絵のようなイラストは凝っててすごくいいです。
ついつい見入ってしまいました。でも、ちょっと長かったかな。

いろんな映画の寄せ集め感がするものの、私的にはすごく好きです、この映画。
きっと続編があるだろうなぁ・・・って終わり方でした。

評価 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7点(10点中)
[PR]
by chebuko | 2005-06-02 23:29 | 映画・ステージ

はじめまして

はじめまして、チェブ子です。
とうとう私もブログデビューです、やったねー。
ずっとやりたいなぁと、気にはなっていたのだけれど、なんとなく先延ばしにしちゃって・・・。
でも、ついに第一歩を踏み出しました。
私が日々思うこと、感じることetc・・・好きなことを好きなように書いていきたいと思います。
縁あって、このブログを読んで下さる皆さんが楽しくハッピーでありますようにと願いを込めて。

ちなみに、チェブ子の名前の由来ですが・・・
大好きな映画「チェブラーシカ」から頂戴しました。
で、私は女子なので子をつけてチェブ子。

どうぞ、よろしくねっ。
[PR]
by chebuko | 2005-06-01 10:18 | はじめまして