カテゴリ:Cafe( 11 )

SARASAかもがわ

迎賓館見学のあとSARASAかもがわでお茶してきました。
d0062500_11215014.jpg

はっきりとした場所がわからなくて
hohoemiのご主人に聞いてしまいました。
親切に教えてくださってありがとうございました。
教えてもらった通り歩いていくと発見しました。
住宅街の中にポツリとあるお店、階段を上り店内に一歩入るとすごく居心地のいい空間が。
木をベースにほどよく光も差し込んでずーっといたくなるような雰囲気です。
暑かったので私にはめずらしくアイスコーヒーを注文。
SARASAブレンドはすごくコクがあっておいしかったです。
ケーキはベークドチーズケーキ。こちらも甘すぎずすごくおいしかった。
M代の注文した黒ゴマのケーキもGOOD。
フード系も充実してるようなので今度はゴハンを食べに来たいです。
d0062500_11215018.jpg

さらさって京都に何軒かお店がありますよね。
一番最近でいうと、三条商店街の中にもできてたし。
私の母の実家のすぐ向かいにはさらさ西陣という築80年の銭湯を改築して造られたお店があります。
いいカンジで銭湯っぽさが残ってる不思議なカフェです。
男湯、女湯を区切ってある壁も残ってたりします。
今度はそっちのレポを。


■SARASAかもがわ■
京都市上京区西三本木通荒神口下る上生洲町229-1
℡:075-211-4757
時間:12:00~23:30(L.O 22:30)
休:木曜日
[PR]
by chebuko | 2006-09-07 11:21 | Cafe

Cafe+Dining Vanilla

大丸の北口からすぐにあるCafe+Dining Vanillaにてランチ。
入口は狭いけど結構奥行きがあり思っていたよりオオバコのお店でした。
オシャレな北欧系のインテリアがセンスよく、なかなかいい感じのお店です。
コーナーごとにテーブル席やソファ席、サロン席がありそれぞれに雰囲気は違うんだけどゴチャゴチャしてなくてどこか統一感がありました。
日替わりランチ、どんぶりランチなどのランチメニューの中から週末のみのパスタランチをオーダー。サラダ、バジルのクリームソースのパスタ、パン2種、ドリンクがついて930円。
d0062500_8582963.jpgd0062500_8582984.jpgサラダは普通だったけどパスタはなかなかのお味。バジルってトマトソースのイメージだったけどクリームソースとも相性いいんだぁ。今、バジルを育てているので今度作ってみようかな。クロワッサンとくるみのパンも温かくておいしかった。平日はパンが食べ放題らしい。

一緒に行ったEちゃんは「前にケーキ食べたけどおいしかったよー」とのこと。
そう言われると食べたくなるのが人の常、でも残念ながらケーキの入る余裕がなかったのでまた今度ね。
夜もなかなかよさそうなので烏丸周辺のお店リストにいれておこう。


■Cafe+Dining Vanilla■
京都市中京区錦小路東洞院東入る西魚屋町604
ファーストコート四条錦2F
℡:075-212-2112
時間:11:00~24:00(L.O.23:00)
無休
[PR]
by chebuko | 2006-07-04 08:58 | Cafe

前田珈琲のカプチーノソフト

d0062500_92319.jpg

久しぶりに我が社の頼れるアネキーズ、あずきちゃん、あんこちゃんと3人で前田珈琲にお茶に行きました。最近3人で出かけることが少なくなったからウレシイなぁ。
前田珈琲は京都に数店舗あり、おいしい珈琲が安くで飲めるのでよく利用しています。
廃校した小学校を利用した京都芸術センターというところにもにもお店(明倫店)があるのだけど、私は本店に行くことが多いかな。というより明倫店にはいまだ行ったことがないのです、エヘヘッ。本店はカフェというよりは珈琲豆とケーキの販売店というイメージでしょうか。昔ちっくな店構えがまたなんともいいカンジなのです。落ち着いた雰囲気で幅広い年齢層のお客さんで今日もいっぱいでした。
調子がよければここの名物「カフチーノパフェ」を注文するところなんだけど、今日は時間もないしちょっと寒いから「カプチーノソフト」で我慢。ソフトにもしっかりとカプチーノ味がついてるのはさすが老舗の珈琲店。程よい甘さ加減が食べてても全然くどくなくて甘いのが苦手な人でも大丈夫。上にかかったシナモンパウダーもいいアクセント。結構ボリュームがあって満足です。お値段350円ナリ。
ちなみにカプチーノパフェはこのカプチーノソフトに生クリーム、バニラアイス、栗、黒豆、コーヒーゼリー、シフォンケーキ、チョコチップクッキー、ビスコッティなどが入っています。なにがすごいってパフェの高さがね高いんです。ソフトの角が立ってるし。すごいボリュームで最後のほうはちょっと苦しくてグッタリしてしまうほど。でもおいしいのです。こちらはお値段800円ナリ。このパフェを食べにわざわざ関東から来る人もいるとかいないとか。
もちろんコーヒーはすごくおいしいですよ。ブレンドはもとよりカプチーノ、ラテ、濃いめが好きな人のためにストロングってのもあります。コーヒーが苦手な人にはロイヤルミルクティとかもあります。本格的な味が堪能できて350円なら通いたくなりますよね。ケーキやカレー、パスタ、サンドイッチなどのフードメニューもありますよ。スタバやタリーズもいいけどゆっくりと静かな時間を過ごすならこういうお店がいいですね。


■前田珈琲 本店■
京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町236
℡:075-255-2588
時間: 平日:7:00~22:00
日・祝日:7:00~20:00
定休日: なし
[PR]
by chebuko | 2006-04-06 22:02 | Cafe

colori caffe

d0062500_21231330.jpg

富山からTちゃんが帰省中なのでお茶することに。
Tちゃんのお母さんの住むマンションの下にあるcolori caffeに行ってきました。
最近できたこのお店はこの辺ではめずらしいちょっとオシャレな雰囲気。
そんなに広いお店じゃないけど、ランチをしてたり夜はお酒も飲めるようです。
私は普通のブレンドを頼んだけどTちゃんは季節の紅茶というのを注文。マロンのフレーバーティでした。マロンのいい香りがしてたなぁ。
残念ながら今日はケーキが売り切れだったらしく、どんなケーキがあったのか気になったから今度食べに来なくっちゃ。

今日はTちゃんの息子ちゃん、T希くんと初対面。
ホントはM代も一緒に会うはずだったのに、昨日から風邪をひいて熱が出たらしく今回は欠席。
という私も風邪をひいてしまいマスク持参でのご対面となりました。
おめめパッチリ、おはだツルツル、おでこ全開でめっちゃプリティ(^(ェ)^)
すごくおとなしくていい子ちゃんでした。
Tちゃんもちゃんとお母さんしてて「おぉー」と感心しちゃいました。
今度はいつ会えるかな??


■colori caffe■
京都市上京区千本通出水下る十四軒町394-1-113
℡:075-801-5634
[PR]
by chebuko | 2005-12-30 21:23 | Cafe

スタバのクレームブリュレラテ

d0062500_1104882.jpg

久しぶりにスタバへ行った。
ホントものすごく久しぶり。毎日通ってたこともあったっけ。
いつもなら本日のコーヒーかラテを注文するところだけど、今日は前にhimeちゃんのブログに載ってたクレームブリュレラテを注文。
クレームブリュレと聞いてどんなのかしら?と気になってたんだ。
クリームのっかってるし甘いかなーと思ったけどクリーミー加減も甘さもほどよくておいしかったです。
体がポカポカあったまりました。
himeちゃん、キラキラのやつ、もらったよー。

今日から12月なのねー。
今年もあと1ヶ月、カレンダーも最後の1枚になっちゃったよ。
そうそう、今日は横浜にいる友達、Bっちゃんのお誕生日です。
おめでとう、Bっちゃん!
[PR]
by chebuko | 2005-12-01 11:00 | Cafe

オタフクコーヒー(純喫茶)

d0062500_9314274.jpg
ランチの後、ダンナさんの転勤で富山へ行ってしまった
Tちゃんの出産祝いを買い、お茶をしようと寺町四条下がったオタフクコーヒーへ。





ここのお店は毎月15日に知恩院で開催される手作り市からスタートしたお店。
屋台喫茶というのでしょうか。本格的でおいしいコーヒーが飲めるとかなり人気があったようで、お店を構えた今も、毎月15日には出店されてるようです。

ちょっぴりレトロな看板、地下へ続く階段を降りドアを開けるとクラシカルな雰囲気。狭い店内へ入ると目に飛び込んでくるのは、木のカウンター、赤いビロードのソファ、モミアゲがチャームポイントのマスター。
すべてが収まるところに収まっているというカンジでなんか絵になるなぁ。
カフェというよりは純喫茶というカンジ。
クドカンの「マンハッタン・ラブストーリー」というドラマを思い出します。

d0062500_9314232.jpg
ブレンドをオーダーしました。
運ばれてきたコーヒーは、とても澄んだ琥珀色。
一口飲むと酸味が口の中に広がります。
でも、コクがあり味わい深くておいしい。




マスターの野田さんがこだわり抜いた豆を注文ごとにミルで挽き、一杯一杯丁寧にドリップしてくれるのです。
豆の状態、ミルの挽き具合、お湯の温度に注ぐタイミング等、その姿はまさに職人さん。野田さんのコーヒーへの熱い思いが一杯のコーヒーに凝縮されているようです。
その思いに魅せられたお客さんが後を絶たないのでしょう。
常連さんも多くて半分は知り合いのようでした。
ちょっと常連さん達で盛り上がってしまっている雰囲気は否めないですが・・・。
狭くてお客さんもひっきりなしにやって来るから、落ち着いてコーヒーを楽しむにはちょっとしんどいかも。
ここへはおいしいコーヒーを飲みに行くというスタンスで行ってみてください。

しかし、コーヒー好きになっていろんなカフェや喫茶店めぐりをしてるけど、こんなにコーヒーのことを愛してやまないお店は初めてかもしれないなぁ。

今度は手作り市で屋台喫茶の違った雰囲気を楽しんでみたいものです。



■オタフクコーヒー■
京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町609  
TEL:075‐256‐6788
[PR]
by chebuko | 2005-11-06 22:31 | Cafe

フォートナム・アンド・メイソン・コンセプト・ショップ

d0062500_19554552.jpg




ここ最近、大丸の地下にフォートナム・アンド・メイソン・コンセプト・ショップがOPENしました。
約300年もの歴史をもつ紅茶の英国王室御用達ブランド。
缶を見て「あー」って言う人も多いのでは。私もお土産にもらったことがあります。

5月に名古屋に行ったとき、栄(だったかな)にお店があってみんなでパンやスコーンを買って帰ったんだけど、すごくおいしくてすっかりファンになってしまいました。
時間があればお茶したかったんだけど残念ながら夢叶わず・・・関西にはお店がないと聞き、ますます思いは募ります。
「次来た時は絶対行こうね」と言ってたら、なんと大丸にできているではないですか!
これは行かねばと行ってきました。

ミントブルーと白を基調とした明るい店内。
店員さんはとても丁寧な対応で、こちらがかしこまっちゃいます。
ケーキのセットを頼もうと思ったら、結構いいお値段。
ミニケーキ2個とポットの紅茶がついて1400円。まぁ単品で紅茶を頼むと800~1200円するからお得なんだけどね。でもケーキは2個も食べられない・・・というのもゴハン後に行ったので。ということで1つをセット、1つは紅茶の単品を頼みました。
メニューを見て紅茶の説明が書いてあるものの、どれにしていいか迷ってしまったので店員さんのおすすめにしました。ケーキはもちろんモンブラン、あんこちゃんはチーズケーキをオーダー。ティーポットで運ばれてきた紅茶は2杯半はありました。時間が経つとポットの紅茶が濃くなるのでと、さし湯も一緒に運んできてくれる心遣い。最近、コーヒーばっかり飲んでいたので久しぶりに、しかもポットで紅茶を飲んで味わい深さを再確認しました。香り、味、一つ一つ違うんだねー。
ちなみにモンブランはお酒がたっぷり効いてて、中にもちゃんと栗が入っててGOOD!おいしい!あんこちゃんのチーズケーキもおいしかったです。

お隣さんは、本場イギリスでマダム達がティタイムに食べてそうなゴージャスなアフタヌーンティーセットを頼んでました。この時間(夜8時15分)からそれをチョイスするなんて、スゴイ!
3段のお皿にサンドイッチ、スコーン、ケーキが二人分乗っかっていると、まぁ華やかでゴージャス。ついついチラ見しちゃいます。今度はあれ食べてみたいなぁ。ちなみにお値段2500円。ランチコース食べられるねぇ・・・。

お会計の途中で、ずらーっと並んだ紅茶缶やジャムを見てたらどれもいいお値段。
「お買い求めいただけますよ、ご一緒にどうですか?」と勧められましたが、「今日は結構です」とお断りしました。今日だけじゃなくて明日もあさっても買いませんケドね。

夜お茶に行ったので、ゆっくりアフタヌーンティとはいきませんでしたが、ちょっとリッチなティタイムを楽しむのにはいいかもしれません。




フォートナム・アンド・メイソン・コンセプト・ショップ
京都大丸地下2階
075-222-8172
[PR]
by chebuko | 2005-11-04 21:55 | Cafe

喫茶雨林舎

d0062500_21371848.jpg


試合終了後、コートを後にしたものの、このまま帰るのもなんかねーということでお茶に行くことに。
前からずっと行ってみたかった二条駅西にある喫茶雨林舎へ。
この前の映画の後に行ってみたけどお休みだったからもう一度リベンジ。
よかったー、今日は開いてました。
わかりにくい住宅街にあるにもかかわらず割と混んでてびっくり。
白いちょうちんが目印ね。
店内は町屋作りで落ち着いた雰囲気。木のぬくもりがあったかく、オシャレにまとまっててセンスのよさを感じます。
本もたくさんあって、一人でふらっと来ても時間を気にせずゆっくりできそう。
フードメニューもなかなかおいしそう。自家製ジンジャーエールっていうのもありました。
試合は散々だったけど、炎天下の中がんばったってことで、あたしはチョコバナナパフェを、K子ちゃんはコーヒーフロートを頼みました。
パフェはちょっと暖かいバナナ入ってて、チョコとアイスとも愛称バツグン、おいしー。
疲れたときはやっぱり甘いものに限ります。見た目は小さいけど、結構食べ応えありました。
バナナやチョコは甘いものの、パフェ独特のクリームの甘さがそんなに感じなかったし、のども渇かなかったです。

パフェをつつきながら話のほとんどは今日の試合の反省。
きっと今日ラクに勝っていたら、後ろを振り返ることすらせず調子に乗っていい気になってたと思う。きっと今日の負けは神様が「お前ら、もっと練習してがんばれよ!」って与えてくれたチャンスなんだ!なんて熱く語り合いました。
私たちのテニス熱は再び燃え上がってしまいました。
しかし、こんなに打ち込めることがあるなんて自分でも驚きです。
改めてテニスを始めてよかったなぁって思います。素敵な仲間にも出会えたしね。

時が経つのを忘れるくらい話に夢中になっていると、外はすっかり真っ暗、日が暮れちゃってました。

まあるいお月様がテニスボールに見えました。


喫茶雨林舎
京都市中京区西ノ京小倉町22-12
tel:075-822-6281
http://www.geocities.jp/urinsya/
[PR]
by chebuko | 2005-09-18 21:37 | Cafe

ラ・ヴァチュール(タルトタタン)

d0062500_21255728.jpg
d0062500_21255715.jpg









京都特集の雑誌やムック本によく載っている平安神宮西側にあるラ・ヴァチュールタルトタタンで有名なお店です。前のお店でデザートを我慢したのはこのお店に来たかったから。
タルトタタンとは、タタン姉妹がりんごのタルトを作ろうとして失敗したものだそうで、こちらのオーナー夫妻がフランス食べたタルトタタンが忘れられず再現したそうです。
パリの街角にありそうなお店はどこか懐かしい雰囲気。メニューは一つ一つ手書きで飛び出す絵本のようになっていてかわいい。店内にはリンゴの木(ホンモノ?)やリンゴ模様のティーセットなどのリンゴグッズ、掲載本などがオシャレに飾ってあります。
こちらのタルトタタンは毎日おばあちゃんが手作りで手間ヒマかけて作るので1日2ホール、36個が限界だそうで、一人でもたくさんの人に食べて欲しいとの気遣いから、1組1個の限定品なのです。あらかじめ雑誌で読んで知っていたので私たちも指示通りタルトタタンとくるみのタルトを注文しました。私たちがお店に入った時は他にお客さんがいなかったので「ダイジョブ?」と思いましたが、1組また1組とドンドンお客さんが・・・。みんなが同じようにタルトタタンとくるみのタルトを注文しているのがおかしかったです。みんな雑誌見たのかな?

さてさて、タルトタタンが運ばれてきました。
何やら白いものがかかってます。
「生クリームかな?」
まずは一口。
「おいしーい(^O^)」
「これ、生クリームじゃないね」
「ヨーグルトやね」
たっぷりのリンゴはやわらかく煮込まれていて、とっても甘い。でも、イヤな甘さじゃないし、上にかかったヨーグルトが程よい酸味を出してくれるのでさっぱり味わえます。
紅茶との愛称もグー!
くるみのタルトもキャラメルがたっぷりですごく甘いんだけど、上品な甘さというのでしょうか、おいしのよー。なんか丁寧に手間ヒマかけて作られているのが伝わってくる気がします。結構ボリュームがありました。

お店を出ようとレジへ向かうと、新聞を読んでいたかわいいおばあちゃんがお会計をしてくれました。
もしかして・・・そう、このおばあちゃんこそお店の看板娘(?!)、オーナーの松永さんだったのです。笑顔がステキでかわいらしいおばあちゃまです。
お会計を済まして店内を興味深く見ていると、おばあちゃまが「どちらからいらっしゃったの?」と声をかけてくださいました。「市内からなんですけど、一度来てみたかったんです。すごくおいしかったです。」と言うと「この話はしましたかねぇ・・・」と今年の6月、フランスで開催されたタルトタタン協会主催のパーティーに招待され、表彰された話をしてくださいました。写真も見せていただきました。みんなでお揃いのマントを着て行進している様子、かわいい少年とツーショットの写真・・・1枚1枚丁寧に「これはね・・・」と話してくださいました。写真のおばあちゃまはどれもイキイキとした笑顔ですごくかわいいの。
タルトタタンの形をしたメダルがあったので「これは?」と聞くと「そのメダルはスペシャルな会員にしかもらえなくて、私どもがいただいたのです」とうれしそう。ここのタルトタタンが本場フランスでもおいしいと認められたんだと私までうれしくなりました。お話できて楽しかったです。

またおいしいタルトタタンとおばあちゃんの笑顔をいただきに行きますね。


ラ・ヴァチュール
京都市左京区聖護院円頓美町47-5
Tel:075-751-0591
[PR]
by chebuko | 2005-09-17 21:25 | Cafe

ファラフェルガーデン

d0062500_14525399.jpg


下鴨神社のお散歩の帰りにファラフェルガーデンに行ってきました。
雑誌で見て一度行ってみたかったんだ。
店内は古い民家を改造してあり、落ち着いたカンジ。
最初にカウンターで注文して席につく。基本的にセルフサービスがここのスタイル。
1階は中庭があってグリーンがいっぱい飾ってあった。
2階もあったけど、ガヤガヤ騒々しかったので1階のお庭のそばの席にした。
雨が降っていてしっとりしたカンジ。

ファラフェルとはヒヨコ豆を使った揚げ団子と生野菜をピタパンに挟んであるサンドイッチのような低カロリーのイスラエルの食べ物。
チリソースやスパイスで味付けしてあり、エスニックなカンジです。
味はというと、自分で調節できるようにとちょっと薄めだったかな。
パリでも食べたことがあるけど、その時に比べてあっさり味だった。
なので自分の好きなように味付けしましょう。
他にもフムス、ババガヌシュなど名前だけ聞いたら「ん?」という食べ物もあり、ぜひ次トライしてみたいと思う。

隣の席は外国人だった。なんか外国に来た気分になった。


ファラフェルガーデン
京都市左京区田中下柳町3-16
tel:075-721-1856
http://www.falafelgarden.com/
[PR]
by chebuko | 2005-07-09 14:52 | Cafe